JAFMA(ジャフマ)日本複合・防音床材工業会
木の床と床騒音

防音床材って、なんだろう
床の生活音を防いで気持ち良く暮らす

1. 防音フローリングの性能

床で発生した固体音を伝わりにくくしてくれます。

防音フローリングといっても、防音性能にいろいろと種類があり万能ではありません。また、音にも色々の種類があり、すべての音に対応できる訳ではありません。
ですから、どんな音をたてても良いというわけではなく、生活はお互いの注意と相手を思いやる心が大切です。

(注)このホームページにおける「防音フローリング」は「直張りタイプ」と「二重床タイプ」の両方を含む“仕上げ材が木質の”防音床を意味しています。

このページのトップへ

2. 音の伝わり方

音の伝わり方には2種類あります。

個体音

空気音

二階で子供が飛び跳ねたり、スプーンを落とした場合など、壁や床をふるわせて階下や隣室に伝わる音です。

人の声やクラクションのように空気中を伝わって聞こえる音。 スキ間や穴を通して伝わります。

「防音フローリング」は床で発生した固体音を伝わりにくくする性能の床材であり、防音室のような外の音が聞こえなくなる空気音の遮音性能とは異なります。

 

このページのトップへ

3. 防音フローリングの性能の種類

床衝撃音には LLとLHの2種類があります。

固体音の中でも 床に衝撃が加わって発生する音を床衝撃音といい、 2つの種類に分けられます。

LL 軽量床衝撃音

LH 重量床衝撃音

スプーンなどを落とした時に発生する音。
軽くて硬い感じの音です。

子供が机の上から飛び降りた時などに発生する音。重くてにぶい感じの音です。

直張りタイプの防音フローリングは、硬く耳ざわりで不快感のつのりやすい「軽量床衝撃音」の対策に主眼を置いて開発しています。「重量床衝撃音」の低減には、床仕上げ材よりもコンクリート床の厚さや建物の躯体の剛性など構造そのものの方が大きく影響します。

 

このページのトップへ

4. L値ってなに?

L値は、床衝撃音の防音レベルです。

L値は小さいほどよい。
上階の床で生じる音が下の階でどの程度に聞こえるのかの基準として、決められている遮音等級をL値(エルち)またはL等級(エルとうきゅう)といい、音の伝わりにくさを表しています。このL値は数字が小さいほど、遮音性能がよいことを示しています。

L値は条件によって変わります。
L値は、コンクリートスラブ(下地のコンクリート)の厚みを150mmとして推定されています。したがって150mmのときLLが50でも、スラブ厚が120mmになればLLが55になるといったことがあります。  


(※1)防音フローリングの防音性能の表示方法が変わります。
防音フローリングをはじめ、マンションの床の防音性能表示にはこれまで、「LL-45」などの表示方法(推定L等級)が使われてきましたが、2008年4月に「床材の床衝撃音低減性能の表現方法に関する検討委員会」から、新しい表示方法(ΔL等級)が発表され、当工業会でも、これに従い順次新しい表示方法に変更していくことになりました。
※当工業会加盟床材メーカー各社では、当面カタログで新旧表示方法を併記しています。

ΔL(デルタエル)等級とは
従来の表示方法が空間性能を推定したものであったのに対して、ΔL等級は床材が床衝撃音をどれだけ抑えられるかという製品単体の低減性能を表すものです。ΔL等級の場合、値が大きいほど性能がよいことになります。(例:4等級のほうが2等級より性能がよくなります。)

ΔL(デルタエル)等級の詳細はこちら

L値は推定値。保証値ではありません。
L値は、JIS(日本工業規格)にもとづく方法で実験室で測定したデータから実際の現場での遮音性能を推定したものです。しかも現場の状態として、標準的な施工が行われた梁区画面積10〜15m2のRC版(コンクリート版厚み150mm)を想定しています。 したがって、長大スパンの床版、貫通部をもつ床版あるいは柱、梁、壁などを通じて伝播する音の大きい建物など、条件によってバラツキが大きくなることが考えられます。

JAFMAではLL-45以下をおすすめします。
マンションで特に注意しておかなければならない軽量床衝撃音遮断性能(LL)について、JAFMA・日本複合・防音床材工業会では、LL-55以下を防音床材とし、その中でもLL-45以下が望ましいと考えています。当工業会のデータでは、すでに出荷量の90%以上がLL-45以下となっており、このクラスが主流であることを裏付けています。


■日本建築学会における適用等級と対応するL等級

適用等級 特級 1級 2級 3級
遮音性能
の水準
遮音性能上、
特にすぐれている
遮音性能上、
すぐれている
遮音性能上、
標準的である
遮音性能上、
やや劣る
性能水準
の説明
特に高い性能が
要求された場合の
性能水準
建築学会が推奨する
好ましい性能水準
一般的な性能水準 やむを得ない場合に
許容される性能水準
対応するL等級
(軽量床 衝撃音)
LL-40 LL-45 LL-50
LL-55
LL-60

 

このページのトップへ

5. 実際に聞き比べてみよう

[音を聞き比べるにあたってのご注意]

  • お聞きいただけるのは軽量床衝撃音です。
  • お聞きになりたい生活音の種類を選び、防音性能のない床材と直貼防音木質床材LL-45とを、聞き比べてください。
  • お聞きいただく音はコンクリートスラブ厚み150mmの上に木質床材(非防音タイプ、LL-45等級タイプ)を施工し、発生した音を下の階で収録したものですが、収録条件と再生条件が異なりますので、実際の音ではありません。あくまで2つの床材による差としてお聞きください。
  • 聞き取りにくい場合は、音量等を適宜調整してください。(但し、2つの音は同条件で聞き比べてください。)
  • WAVE形式とMP3形式の2種類のサウンドファイルをご用意しています。
    該当するファイルを再生する機能のあるパソコンでお聞きください。
ゴルフボールを落とした音の場合
防音機能のない床材 WAVEで聴く(130KB)
MP3で聴く(21KB)
直貼防音木質床材LL-45 WAVEで聴く(87KB)
MP3で聴く(14KB)
イスを引きずる音の場合
防音機能のない床材 WAVEで聴く(129KB)
MP3で聴く(21KB)
直貼防音木質床材LL-45 WAVEで聴く(53KB)
MP3で聴く(9KB)
掃除機をかける音の場合
防音機能のない床材 WAVEで聴く(575KB)
MP3で聴く(92KB)
直貼防音木質床材LL-45 WAVEで聴く(639KB)
MP3で聴く(102KB)
スプーンを落とした音の場合
防音機能のない床材 WAVEで聴く(83KB)
MP3で聴く(14KB)
直貼防音木質床材LL-45 WAVEで聴く(65KB)
MP3で聴く(11KB)
スリッパで歩く音の場合
防音機能のない床材 WAVEで聴く(231KB)
MP3で聴く(37KB)
直貼防音木質床材LL-45 WAVEで聴く(145KB)
MP3で聴く(24KB)
積み木を崩す音の場合
防音機能のない床材 WAVEで聴く(169KB)
MP3で聴く(27KB)
直貼防音木質床材LL-45 WAVEで聴く(124KB)
MP3で聴く(20KB)

 

このページのトップへ